乳搾りの娘 – 童話

0
75

牧場に住むある少女は、お誕生日に母親から、牛乳を売ったお金が自分のものになるというプレゼントをもらいます。そこで、少女は市場に牛乳を売りに行き、道中、お金を何に使うか想像し始めます。しかし、想像に夢中になった少女は転倒し、牛乳をまき、瓶を割ってしまいます。同時に、彼女の夢も消えてしまうのでした。

PUBLICIDAD

Dejar respuesta